2018.05.05

レノファ山口をJ1に導くか。
「ハリルを連れてきた男」の巧みな手腕

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

「アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァイッド・ハリルホジッチ。3人の代表監督と交渉し、招聘し、腹心として支えた男」
 
今季からJ2レノファ山口の監督に就任した霜田正浩氏 霜田正浩レノファ山口監督(51)を説明するには、ひとつはそういう表現ができるだろう。FC東京時代は2001年から06年まで強化部のプロとして外国人選手、監督との交渉やサポートでJリーグトップクラスの手腕を発揮。サッカー協会の技術委員長に就任することになった原博実氏にその能力を高く買われ、2009年、技術委員として招かれ、その後は技術委員長、代表ダイレクターに就任している。

 もっとも霜田氏にとっては、自らが監督としてチームを率いることの方がプライオリティは高かった。そこで2016年末をもって代表ダイレクターを退任。果敢に野へ出て、監督業を求めることになった。2017年春にはタイ代表監督として3人の候補にまで残ったが、サインには至っていない。その後の数カ月はベルギーのクラブで指導者修行をしていた。

 そして2018年シーズンから、J2レノファ山口の指揮をとることになった。

「見ている人が応援したくなるサッカーをしたい。ゴールに向かって走り、ボールに対して体を投げ出す。ペナルティエリアでのプレーを増やさないといけないね。技術の問題で入らないなら、たとえ枚数を増やしても」

 監督就任後、霜田氏はそう明かしている。はたして日本サッカー界の中枢にいた男の監督としての手腕とは――。

 第12節終了現在、霜田監督率いる山口は、首位に勝ち点3差の4位につけている。昨季、20位だったチーム事情を考えれば、文句のつけられない出足だろう。恵まれた戦力とは言えないにもかかわらず、得点数はリーグ3位を記録。どこが相手でも高いラインを保ち、前に矢印を向け、堂々と挑んでいる。