2018.04.26

また負けたガンバ。ダービー勝利の
勢いが続かない「個」頼みのクルピ流

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 築田純/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

「Jogamos pouco」

 湘南ベルマーレに1-0で敗れた後の記者会見で、ガンバ大阪のレヴィー・クルピ監督は少し疲れた表情で言った。ポルトガル語で「我々はほとんどプレーできていない」。それが直訳だろうか。それぐらい攻守にちぐはぐだった。

 J1第10節終了段階で、2勝1分7敗。名門ガンバは18チーム中17位と低迷している。なぜガンバはこれほど、もたついているのか?

 所属選手には、遠藤保仁を筆頭に日本代表選手級がずらり。昨年末のE-1選手権では、日本代表にJリーグクラブ最多の6人を送り出していた。戦力を考えれば、残留争いをするようなチームではないだろう。

 しかし、この日は不振を象徴するような不安定な戦いぶりだった。

4年ぶりにJリーグに復帰、今季からガンバ大阪を指揮するレヴィー・クルピ 4月25日、BMWスタジアム平塚。ガンバは湘南のホームに乗り込んでいる。前節、大阪ダービーではセレッソを打ち負かした。その余勢を駆っているはずが、前半のプレーは目を覆うばかりだった。

 立ち上がりから、戦術的な練度の低さを露呈。前線からのプレスは甘く、ボランチも食いついては離され、ポジションを空けてしまい、最終ラインは敵の攻撃を”堀も石垣もない”状態で受け止めなければならない。防御線が確保されていないことで、組織的な湘南のプレーに簡単に突破されていった。

「もう少しラインを押し上げたかったが、ボールホルダーがフリーの状況で……。中盤で(プレスに)いくタイミング、いかないタイミングがつかめず、結局はマンツーマンの対応で後手を踏んでいた」(G大阪・DF菅沼駿哉)