2018.04.24

崖っぷちのガンバ。東口「顔面損傷」で
必死の勝利は浮上につながるか

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 我慢して、我慢して、戦ってきた中で得たワンチャンスだった。それを、ファン・ウィジョがきっちり決めて、ガンバが先制ゴールを奪った。

 後半もセレッソペースだった。1点を追ってロングボールを多用する攻撃に、ガンバは押し込まれてしまう。

「(セレッソが前線の)健勇さんらを目がけて、蹴ってくるだろうなっていうのは想定内。そこで、セカンドボールをしっかりと抑えておけば、そんなにやられることはないと思っていました。みんな、粘り強く守備をしていたし、球際も厳しくいっていた。最後まで気持ちが入っていたし、(集中力が)切れなかった」

 最後の最後まで我慢の戦いが続いたが、ガンバはそのまま逃げ切り勝ち。1-0でセレッソを破って、勝ち点3を積み上げた。

 リーグ3位と最下位との対戦。内容的には、その順位どおりの差があった。しかし、結果はガンバの勝利。負ければ、監督の進退問題にまで及ぶ崖っぷちで、なんとか踏みとどまった。

「今日勝てたのは、本当に大きい。ガンバの今後を左右する大きな試合だった」

 三浦はそう言って、ホッとした表情を見せた。

「負けられない」というプレッシャーがかかるなか、チームにとっても、三浦自身にとっても、大きな勝利だった。三浦が続ける。

「この勝利は自信になります。チームとしていい守備ができていたし、個人としてもみんな、気持ちが入ったプレーをして、球際とかでも最後まで粘りを見せてくれた。そういうプレーが試合の勝敗を左右する、というのを改めて理解できたと思う。『ダービー』だけじゃく、毎試合、こういうゲームをしていきたい」