2018.04.13

高円宮杯U-18リーグとバレロンに想う
「サッカーは人生そのもの」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ●写真photo by AFLO SPORTS

 4月7日、高円宮杯U-18サッカーリーグが全国でいっせいに開幕した。Jリーグのクラブユースと高校サッカーのチームが混ざったリーグで、高校生年代の頂点を決める。全国を東西の2地域に分けて行なわれるプレミアリーグ(1部)と、全国を9グループに分けて行なわれるプリンスリーグ(2部)があり、およそ1年間にわたってしのぎを削る。

昨季の高円宮杯U-18サッカーリーグではFC東京U-18が優勝している 日産フィールド小机ではプリンスリーグ、横浜F・マリノスユースが栃木の矢板中央高校と一戦をまじえている。

 この日は折悪しく記録的な強風で、目を開けるのもつらいほどだった。ピッチ横の記録係の資料は強い風で吹き飛ばされ、たびたび回収に大わらわ。パイプ椅子は飛ばされないように、たたんで地面に並べられていた。ハーフタイムには鉄製のスコアボードが倒れてしまった。

 当然、ピッチでも”事故”が起こりえる状況になっていた。

 例えば、セットプレーで置いたボールが転がる。パスを正確につなぐのが困難で、相手のプレスに簡単にかかってしまう。あるいは長いボールの軌道を読み違える。常に不測の事態が起こるリスクがあった。

 しかし、困難な環境に置かれて粘り強く勝利をものにできるかどうかにも、育成におけるひとつの分岐点はあるのだろう。

 技術的には上のF・マリノスだったが、強風という条件下において、本来のプレーができなかった。つなぎを奪われ、カウンターから失点。一度は追いついて、PKでリードするチャンスもあったが、GKに防がれてしまう。そして後半は完全に相手の勢いに押し込まれ、耐え切れなくなって自陣でFKを与えてしまった。その結果、左足インスイングのクロスを頭で叩かれて1-2で敗れている。