2018.04.11

アダイウトン離脱で点が獲れない
ジュビロ。「救世主」候補は1人いる

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 望月文夫●撮影 photo by Mochizuki Fumio

 第6節を終えて、2勝2敗2分けの勝ち点8で14位。それがジュビロ磐田の今季J1でのここまでの成績である。

 今季開幕を前に、磐田の評価はそれなりに高かった。優勝候補の一角とまでは言えないまでも、それに次ぐ存在、いわば、ダークホースと目する向きは多かった。

 2015年シーズンにJ2で2位となってJ1復帰を果たして以降、一昨季は13位、昨季は6位と段階的に順位を上げてきたばかりでなく、内容的に見ても、名波浩監督が目指すサッカーが着実に浸透している様子がうかがえるからだ。

 ところが、今季が始まってみると、開幕からいきなり2連敗。第3節でようやく初勝利を収めたものの、その後も引き分けと勝ちの繰り返しで、スタートダッシュに成功したとは言い難い。

 清水エスパルスと0-0で引き分けた第6節の「静岡ダービー」を振り返ってみても、波に乗り切れない現状を象徴するような試合だった。

 前半こそ、清水にボールを支配される時間が長く続いたが、30分を過ぎたあたりから徐々に試合の流れを引き寄せ、名波監督は「後半は圧倒的に我々のゲーム」と高評価を口にしながら、最終的には「勝ち点2を失った」と嘆く結果に終わった。

 勝ち点が伸び悩んでいる理由は、はっきりしている。得点不足だ。

 ここまで6試合を戦い、失点は5。うち3点は開幕戦で川崎フロンターレに叩き込まれたものだから、以降の5試合ではわずかに2点しか失っていない。清水戦でも名波監督は、守備に関しては「決して後ろに(DFが)余ることなく、後ろ体重にならずにボールに寄せることができた。合格点を与えてもいい対応だった」と語っている。