2018.03.19

FC東京で、長谷川健太スタイルが見えた。
守りの圧力で今季J初勝利

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Masashi Hara/Getty Images

 J1リーグ開幕から3試合で、FC東京は白星なしの1分2敗。16歳のFW久保建英の動向ばかりが注目を浴び、チームとしての骨格が見えない状況だった。長谷川健太監督を迎えた新体制にも黄信号が灯ろうとしていた。代表戦でリーグ戦が中断する前に、その流れを断ち切る必要があった。

 3月18日、味の素スタジアム。第4節でFC東京は湘南ベルマーレと対戦している。相手はJ1昇格組だったが、敬意を表して迎え撃った。

「(これまでの)湘南はすごくいいプレーをしている印象ですね。(FC東京は)まず守備から。ボランチのところで(相手を止めて)押し出していくイメージですかね」(FC東京・MF橋本拳人)

 FC東京は堅陣を張り、守備から入った。まず、前線の富樫敬真がプレッシングでは守備のスイッチを入れ、リトリートしたらひとつポジションを下げ、ブロックに厚みを持たせる。ラインをコントロールし、各自がポジションを守り、2列目の裏には引き入れない。そして最終ラインでは、韓国代表のチャン・ヒョンスと日本代表に復帰した森重真人が、湘南の韓国代表FWイ・ジョンヒョプを潰した。

湘南ベルマーレを1-0で破り、今季リーグ戦初勝利を挙げたFC東京 もっとも、そこから攻撃で押し出していくところまではいかない。速い攻撃を目指し、長いボールを蹴って、それに絡んで殺到する、というのがコンセプトだが、タイミングや人が合わない。ほとんどが単発に終わった。

 一方で湘南も、前節の名古屋戦のような迫力ある攻撃を見せることができない。

「アンカーに3人のシャドーを置いたシステムがうまく回らなかった」と湘南の選手がもらしたように、噛み合わせも悪かったか。ボールをつなぐ練度は高まっていたが、苛烈さに欠けていた。