2018.02.23

ジュビロの黄金期を再び。山田大記を
感動させた中村俊輔のアドバイス

  • 望月文夫●取材・文 text&photo by Mochizuki Fumio

 もうひとつは、これまでに積み重ねてきた自信がある。

「サッカーはやっているほどうまくなる。(復帰後の)この半年間で、監督やシュンさん(中村)からいろいろと教えてもらったので、プレーの引き出しは若いときよりも確実に増えている。そのひとつがボランチでのプレーだと思うし、そこでゲームをコントロールすることも加わった。今季は(監督に)求められるところで、(チームに)しっかり貢献できるシーズンにしたい」

 今季のクラブの目標は、昨季の6位を上回る5位以内。しかしながら、中村やFW川又堅碁を獲得した昨季に比べて、今季はそこまでの大型補強をしなかった。それは、山田への期待の表れでもある。クラブの幹部が説明する。

「ケガで長期離脱していたFW小川航基やDF山本康裕らがそろって復帰するし、山田が調子を上げて以前のように活躍してくれれば、補強以上の効果が期待できる」

 そうした期待に応えようとしてか、山田はキャンプ中にある”珍事”を起こしている。J1に昇格したV・ファーレン長崎との練習試合で、ボランチで先発起用されたのだが、自らの判断で途中から右ウイングバックとしてプレーしたのだ。

 指揮官の指示を受けずに行なった行為に、周囲は驚いた。規律に厳しい名波監督ゆえ、なおさらである。しかしその試合後、名波監督は意外な反応を示した。

「(山田が)ポジションを変えたことは、コーチも知らなかったことなのでびっくりしたけど、あとで本人に聞いたら『やっておいたほうがいいと思って』と言っていた。監督によっては、選手の勝手な行為はノーだろうけど、選手個人の判断で『いい』と思ってそういうことをやるのは、自分にとってはうれしいこと」