2018.01.01

名波監督が明かす「ジュビロ磐田が
13位から6位に躍進した舞台裏」

  • 原田大輔●取材・構成 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

ジュビロ磐田
名波浩監督インタビュー(前編)

ジュビロ磐田は昨季、J1に復帰した2016年シーズンの年間13位から大きくジャンプアップ。6位という成績で2017年シーズンを終えた。リーグ戦中盤に6連勝して快進撃を見せるなど、残留争いに加わった2016年シーズンとは明らかに違った。その戦いぶりは、指揮官である名波浩監督にどう映っていたのか、直撃した――。

――まずお聞きしたいのは、昨季最終節の鹿島アントラーズ戦のことです。相手が勝利すれば、目の前でリーグ優勝が決まる状況。どのような思いで試合に臨みましたか。

「個人的な思いとしては、鹿島の監督が(大岩)剛である、ということがひとつあります。彼とは同級生で、出会ったのは小学生の頃。当初は同じようなポジションで、お互いに珍しい苗字ということもあって、すぐに(その存在を)覚え合った仲で、そこから中学校の県選抜や清水市商高(現・清水桜が丘高)で一緒にプレーをしてきた。

 もちろんプロになってからも、その存在を意識して、日本代表では一緒に切磋琢磨してきた間柄。いわば、大親友みたいなものですよね。その彼が率いているチームだからこそ、全力でぶつかって、倒しにいきたい思いは強かった。

 加えてジュビロにとっては、鹿島というクラブには強い思い入れがあるというか、とても意識する存在。過去を振り返れば、ともに(ライバルとして)タイトルを争ってきた歴史がある。そういう背景もあって、クラブ全体として、より強い気持ちで鹿島戦には向かっていけた。

 あと、これは付加価値というか、おまけみたいなものだったけど、我々が勝てば、(2018年シーズンの)AFCチャンピオンズリーグ出場の可能性が少しだけ残っていた。こうしたことをプラスにして、何よりホームのヤマハスタジアムで、この(大一番となる)最終戦を迎えられたことは大きかった」