2017.10.29

森保ジャパンに最大のバックアップを。
福田正博は覚悟の決断にエール

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

【福田正博 フォーメーション進化論】

 東京五輪のサッカー男子日本代表監督に森保一(もりやす はじめ)氏が就任――。10月12日にその報せを聞いたときの第一印象は、「よくぞ決断してくれた」だった。

東京五輪に向け、U-23代表の指揮を執ることになった森保監督 自国開催のオリンピックで代表を率いるプレッシャーの大きさは計り知れない。加えて、東京五輪を戦うメンバーには、今年のU-20W杯、U-17W杯を経験した選手が多くなることが予想されるため、当たり前のようにいい結果を残すことが求められる。それらを理解したうえで監督要請を引き受けるのは、相当な覚悟が必要だったはずだ。

 森保が過去のオリンピック代表監督と大きく異なるのは、J1リーグで3度も優勝している点にある。日本人監督でJ1を3度も制しているのは彼しかいない。しかも、2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任してから、毎年のように主力選手を引き抜かれながら残してきた実績だけに、もっと評価されるべきだと私は考えている。

 監督就任6年目の今年は思うように勝ち点を伸ばせず、シーズン途中で退任することになった。それは残念な結果だったが、五輪代表監督として成果を出すことで、広島を率いた6シーズンの価値をさらに高めてもらいたい。