2017.07.30

早くも「戦術はポドルスキ」。
世界王者は日本人FWとどこが違うのか 

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

「いいクロスがきたね。(マークする)日本人は小柄なので、それが自分にとってプラスに働いたのかもしれない。2-1にする貴重なゴールになった」

 ポドルスキは冷静に振り返っている。彼は決して生粋のストライカーではない。シャドーストライカー、セカンドストライカー、もしくはサイドハーフが本職だろう。しかし、ボールを呼び込み、叩き込む技術センスを持っているし、その形を確立している。それゆえ、シュートに対する躊躇(ちゅうちょ)がない。ゴールによって、自分の道を切り開いてきた自負があるのだろう。

 ひるがえって日本サッカーでは、ストライカーに対して減点法が適用される。「運動量が足りない」「ポストワークが下手」「機動力がない」……それらはチーム戦術には、しばしばマイナスに作用する。しかしゴールというサッカーの目的に到達する能力は、軸になり得るのだ。

 ポドルスキの存在は、日本サッカーのストライカー論に一石を投じることにもなるかもしれない。

 では、ポドルスキは6億円の価値があるのか? 1試合で答えは出ないが、自らのゴールでデビュー戦の勝利(3-1)を祝した事実は特筆に値する。