川口能活・41歳に、
「いま自分がJ3相模原にいる理由」を聞く

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 今までも決して中途半端にはやっていなかったんですけど、より気持ちを込めて、トレーニングにも、身体のケアにも、体調管理にも向き合っている。僕、真面目なんですよ(笑)。自分でも、もう少し力を抜ければいいなって思うときもあるんですけど、真面目なところが自分の特徴というか、それで自分はここまで生き延びてきているので、そのよさは活かしたいなって思うんですよね」

 その目には力が宿る。声がうわずることもなければ、言いよどむこともない。

「試合に出続けないと、自分がここにいる意味はない。ベンチ外でも、ベンチにいても、僕はやっぱり何もできない。戦うことでしか、相模原のピースになれないと思っている。だから、1試合、1試合にかける思いは強くなるし、重くなる。

(試合に出られない時期には)自分が(プレーを)続けていくことに意味があるのかも考えました。でも、やっぱり一番、根っ子の部分ではサッカーが好きで、このままでは終われない、終わりたくないという気持ちがまさったんですよね。

 ずっとJ1や日本代表でやってきたなかで、そこに立てない悔しさもあった。ある意味、挫折、挫折、挫折の連続のなかで、このままでは終われないって思った。いつかスパイクを脱ぎ、グローブを外すときが来るとは思いますけど、その次の自分にいいつなぎ方をするためにも、僕はこのままでは終われないんです」

5 / 6

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る