2017.03.11

「風間革命」は終わった。
新生フロンターレが歩む「実務」のサッカー

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「高い位置から取りにいく、というのは練習でやってきたこと。セットプレーも研究してきました。その成果が出たのはポジティブに捉えています」(鬼木監督)

 革命の後に実務が来るのは、世の理(ことわり)である。

 その点、川崎は正しい道を進んでいるのだろう。実務に没頭すると、革命的な輝きは消える。しかし現実に革命の時代は終わり、今は献身や勤勉さが求められるのかもしれない。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事