2017.02.24

目利き5人が大胆予想。
今季J1、全18チームの順位はこうなる

  • photo by Yamazoe Toshio

前年覇者の鹿島が今季も本命。
上昇ムードにあるのはF・マリノス

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 鹿島アントラーズ
2位 ガンバ大阪
3位 浦和レッズ
4位 横浜F・マリノス
5位 柏レイソル
6位 FC東京
7位 川崎フロンターレ
8位 ヴィッセル神戸
9位 サンフレッチェ広島
10位 大宮アルディージャ
11位 サガン鳥栖
12位 ベガルタ仙台
13位 セレッソ大阪
14位 清水エスパルス
15位 ジュビロ磐田
16位 ヴァンフォーレ甲府
17位 アルビレックス新潟
18位 北海道コンサドーレ札幌

 MFレオ・シルバ(新潟→)らの加入で層が大幅に厚くなった鹿島が本命。前回覇者の立ち位置を守ろうと、受け身になると危ないが、その可能性は低いとみる。

 2位争いは接戦。浦和は、昨季チャンピオンシップで鹿島にまさかの逆転負けを喫した影響が大きいとみる。FWラファエル・シルバ(新潟→)が相当がんばらないと、鹿島との距離は空く。G大阪は、鹿島に届くかどうか微妙だが、例年どおり高位安定。上昇ムードにあるのは、横浜FMか。新加入のポルトガル人ストライカー、ウーゴ・ヴィエイラ(ベオグラード/セルビア→)が面白そう。

 FC東京は補強が目立つも、いつもどおり中位止まりか。川崎Fは、昨季MVPの中村憲剛次第。昨季はMVPの投票が済んだと思われる終盤、調子を崩した。年齢からくる衰えなのか。鬼木達新監督との関係性にも注目。

 柏はまずまず。神戸、広島は中位。鳥栖、仙台、大宮は中位よりやや下。降格争いは、C大阪以降の6チームで繰り広げられそう。新潟は今年が正念場。残留すれば拍手もの。中村俊輔(横浜FM→)が加わった磐田もギリギリの戦いとみる。