2016.07.01

遠藤保仁が語るガンバ低迷の理由「選手の考え方にギャップがある」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

V候補はなぜ沈んだのか(3) ~ガンバ大阪編~

 7勝7敗3分け、勝ち点24。順位は6位だった。

 ファーストステージでは上位争いにまったく絡めず、優勝した鹿島アントラーズには勝ち点15もの差をつけられた。昨季はベスト4入りしたAFCチャンピオンズリーグも、グループリーグで敗退した。

 遠藤保仁は「この成績で6位というのも信じられないけど……」と、自嘲気味に語って厳しい表情を見せたが、まさかガンバ大阪がこんな成績で終えるとは、誰も想像できなかったはずだ。

 開幕前は、多くのメディアや識者らが優勝候補に挙げた。

 2014年シーズンには三冠を遂げて、昨季もナビスコカップ準優勝、天皇杯で連覇を達成。リーグ戦ではチャンピオンシップ決勝で敗れたものの、2ステージ制を最後まで戦った経験が、チームを一段と骨太に成長させた。そして今季、主力選手が軒並み残留し、さらにFWアデミウソン(横浜F・マリノス→)、MF藤本淳吾(F・マリノス→)など即戦力を補強。攻撃陣は、FWパトリック、FW宇佐美貴史、MF阿部浩之、MF倉田秋、MF大森晃太郎らを含めて分厚い戦力となり、まさに優勝候補にふさわしい陣容となったからだ。

 ところがふたを開けてみると、チームはパワーアップするどころか、スケールダウンしてしまった。

 攻撃面における誤算のひとつは、アデミウソンの適正なポジションを見つけられず、チームにうまく融合させることができなかったことだ。