2016.06.29

芝生を植える男、G大阪・丹羽大輝「日本代表のレギュラーを目指す」

  • 竹藤光市●文・写真 text & photo by Takefuji Koichi

―― 作業を終え、芝のグラウンドを見て、どう思いましたか?

 子供たちがサッカーでこけて泣いたりとか、血を流してケガしたりということがあると思うのですが、芝があることでそれを和らげることができると思います。

 小さい子には外遊びをしてほしいんです。インドアではなく、やっぱり外に出て、体を動かす素晴らしさであったり、みんなで遊ぶ楽しさを感じてもらいたい。この芝が何かしらのきっかけになればと思います。

 人間はちょっとしたきっかけで変われます。僕自身もまだまだ可能性を秘めていると思っていて、このプロジェクトも成長できるいい機会になりました。僕ひとりの力ではできなくても、いろんな人が集まって実現できることを知りました。みんなの思いがひとつになってできた芝生のグランドなんです。

 Jリーガーもオフの時間の使い方を変えていってもらいたいですね。何を求められているのか、わからなかったり、気持ちはあっても行動を起こせない選手もいると思います。この記事を見て、何か感じた選手はすぐに行動を起こしてほしい。自分で動き出し、いろいろトライしてほしい。これは若いJリーガー、そして子供たちへのメッセージです。

いっしょに食事も!園児たちにも大人気