2016.02.15

「昇格請負人」石﨑監督が描く、モンテディオ山形J1復帰の野望

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 また、指揮官は新戦力についても、「今季、選手が大幅に入れ替わったなかで、新しく入った選手をどうなじませるか。どう自分たちのやり方を理解してもらうか」をポイントに挙げ、「新しい選手の佐藤優平とディエゴ・ローザを試したが、それぞれのよさが出ていた」と、成果を口にしていた。

 実際、大宮ペースで進んだ試合だったことは間違いないが、山形にとっても光明がなかったわけではない。

 試合序盤に関して言えば、中盤で複数の選手が一気に相手ボールを囲い込んで奪い取る。そんな山形の守備は機能していた。

 加えて、奪ったボールを確実につなぎ、すぐに奪い返しに来る大宮のプレスをかいくぐることもできていた。

 22分に先制点を許すまでは、山形はいい形で試合を進めることができていたのだ。

「試合の入り方はすごくよかったが、失点後、(プレスのタイミングが)ちょっとずつズレてきたのがポイントだった。失点したことで、少し気持ちが離れてしまった」

 石﨑監督はそう言って嘆いたが、裏を返せば、自分たちのやり方がハマったときは、J2チャンピオン相手でも十分に抑えられるということでもある。決して悲観する内容ではなかった。

 百戦錬磨の指揮官は、「J2にこんなにうまい選手がいるか分からないが」と相手の大宮を“ほめ殺し”にし、報道陣の笑いを誘う余裕を見せたうえで、こう語る。