2016.02.03

本山雅志の挑戦「地元ギラヴァンツですべての力を出し切る」

  • 川崎明星●文・撮影 text&photo by Kawasaki Hikaru

「いやいやいや、俺にそんな力はないってばッ(爆笑)」

ギラヴァンツ北九州「43番」本山雅志vsコンサドーレ札幌「44番」小野伸二
2月14日『黄金世代、激突!』

 急きょ発表されたJリーグプレシーズンマッチ。小野伸二と早く試合がしたくて「本山がマッチメイクしたんじゃないか?」と、SNSなどでちょっとした話題になっている。その噂を聞いて、本山は大笑いして全否定した。

「確かに『(J2で)小野伸二と対戦できるのが楽しみ』とは言ったけど、ギラヴァンツで練習を始めて、1カ月も経っていないですからね。もちろん、チームや地元・北九州のためなら、ピッチ以外でも全力でがんばりますけど、でも今は、まずチームメイト、スタッフ全員の名前を覚えて、ちゃんと試合に出られるようにサッカーをすることからでしょ」

鹿島アントラーズからギラヴァンツ北九州に移籍した本山雅志 昨年11月26日、鹿島アントラーズから本山の退団が発表された。それから1カ月後、移籍先として報じられたのは、彼の故郷・北九州のギラヴァンツだった。早期の決断に、もしやアントラーズとギラヴァンツとの間で早々に話が決まっていた”出来レース”ではないか、という疑いもあった。が、本山は「アントラーズと来季の話をして、退団を発表してから移籍先を探し始めた」と、改めて説明した。