2015.09.16

ガンバ遠藤&宇佐美が逆襲宣言「今年も全部のタイトルを獲る!」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports

 ガンバ大阪が、四冠(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯、ACL)奪取に向けて、いよいよ本気モードに突入した。

 Jリーグでは、セカンドステージ首位の鹿島アントラーズと第10節(9月12日)で対戦。宇佐美貴史の2ゴールで2-1と勝利を飾った。これで、リーグ戦は3連勝。鹿島(勝ち点22)に代わって首位に立ったサンフレッチェ広島(勝ち点24)とは、勝ち点6差の5位に浮上した。年間勝ち点でも4位(勝ち点50)と、トップの広島、浦和レッズ(勝ち点58)とは、勝ち点8差で、年間勝ち点1位の座も視野に入ってきた。

 鹿島戦は、ガンバにとっては、リーグ戦の単なる1試合ではなく、極めて重要な一戦だった。MF遠藤保仁が語る。

「昨季も、鹿島(第27節/3-2)に勝って勢いに乗れた。あの試合が、三冠達成へのターニングポイントとなった。今季も、その可能性が十分にある」

 ガンバの選手たちは、誰もがそのことを認識していた。そして、それだけ強い思いを持って挑んだ一戦だった。そこで、「さすがエース」という活躍を見せたのが、宇佐美だった。

鹿島戦で2ゴールを決めたガンバ大阪の宇佐美貴史(中央)。 宇佐美はこの鹿島戦まで、ガンバでの試合はもちろん、日本代表の試合も合わせて、実に48日間、出場10試合ゴールがなかった。代表で2列目の左サイドを任されることが多い宇佐美は、ガンバでも左サイドのポジションを務めるようになったが、FWの位置からゴールが遠ざかった分、必然的に得点数が減り、プレーにも迷いが生じていた。