2015.07.13

これぞキング・カズ。驚愕の「若き日の武勇伝」

  • 渡辺達也●取材・文 text by Watanabe Tatsuya 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

ベテラン記者が明かす、知られざる「キング・カズ伝説」 後編
前編はこちら>>

 7月4日のJ2第21節、横浜FCの三浦知良は、札幌戦で後半から出場。自身が持つJリーグ最年長出場記録を48歳4カ月8日に更新した。まだまだ記録を伸ばしていきそうなレジェンド、「キング・カズ」の知られざる伝説を、ベテラン記者が振り返る――。

J2第21節の横浜FC対札幌で、後半途中から出場したカズ カズが本格的にサッカーを始めたのは小学校1年のとき。学校にリフティングをしながら通っていたため、近所の人たちから「あの子は、いつか交通事故に遭う」と噂されていた。

 中学3年の時、カズは進路面談で第一希望に「ブラジル」と書いて担当の教諭に怒られたが、1982年、静岡学園1年のときにその希望どおり単身ブラジルへ渡った。しかし、最初は活躍できずに、ブラジルで悶々とする生活を続け、あきらめて日本に帰る決断をしたこともあった。

 帰国の飛行機のチケットを予約したそんな時、カズは公園でボールを蹴って遊ぶ少年たちに遭遇した。裸足の子どもたちが、ボロボロの汚いボールを楽しそうに蹴っていた。

 その光景を目の当たりにしたカズは、「俺は何をしにブラジルに来たんだ。このままじゃ帰れない」と思った。

 そして1988年、ブラジルリーグで日本人として初ゴールを決め、翌日の新聞には"Kazu é um herói japonês"(カズは日本のヒーローだ)という見出しが躍った。