2015.01.13

【高校サッカー選手権】星稜、初V。成就した選手の「思い」

  • 粂田孝明(ストライカーDX編集部)●文 text by Kumeta Takaaki(STRIKER DX)
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 勢いは完全に前橋育英に移ったように見えたが、逆転されたことで、星稜イレブンの気持ちに再び火がついた。キャプテン・鈴木が語る。

「逆転ゴールを許した瞬間、会場全体が盛り上がった。その歓声を聞いて、昨年の逆転負けを喫した試合のことを改めて思い出した。それで、『ここでは負けられない』という思いが、より強くなった。逆転されたことによって、逆に冷静になれたし、再度『積極的に行こう』とチーム全体が前向きになった」

 1-2にされたあと、星稜の選手たちは自陣中央に集まって、「監督のために、絶対に負けられない」という思いを再確認したという。以降、前への勢いを取り戻した星稜は、2トップの大田と森山泰希(もりやま・たいき/3年)が一段と精力的な動きを見せるようになった。前線で走り回ってチェイシングを繰り返し、後方からのタテパスにも素早く反応し、攻守にわたって奮闘した。

 中盤の選手も、セカンドボールに迅速に対応。相手の攻撃の芽を摘みながら、2トップへのサポートも怠らなかった。DFラインも最後は身を投げ出して、相手の決定機を封鎖。ボールを奪えば、すかさず前線にボールをつなげた。この全員攻撃、全員守備を徹することで、後半19分、ついに同点ゴールが生まれた。FW大田のクロスを、左サイドバックの原田亘(はらだ・わたる/3年)が頭で決めた。まさに全員攻撃が生んだ執念の同点弾だった。

 そして、延長戦に入っても、星稜の動きはまったく鈍らなかった。なかでも、懸命に走り続けていたFW森山が待望のゴールを決めた。延長前半、後半に1発ずつ、計2得点を記録した。昨年の決勝戦でもピッチに立って、痛いほどの屈辱を味わっている森山。今大会はここまで、コンビを組む大田のサポート役に徹してノーゴールだったが、最後の大一番で”エース”としての役割をきっちり果たした。森山が語る。

「昨年の決勝では悔しい思いをしたので、タイトルを獲ることだけを考えて1年間練習してきた。昨年は延長戦で失点して敗れたけど、逆に考えれば、自分たちも諦めなければ、(延長戦で)点を決められるはずだと思っていた」

 殊勲の森山は、満面の笑みを浮かべてこう続けた。

「河崎監督のおかげで、ここまでやってこられた。少しは、恩返しできたかな」

 河崎監督への思いを、見事成就させた星稜イレブン。攻守において誰もが献身的なプレイを見せ、チームの「団結力」では今大会ナンバー1だった。まさに、高校サッカー界の頂点に立つべくして立った好チームだった。

『ストライカーDX』では
「第93回全国高校サッカー選手権大会」期間中、全試合のレポートを掲載! 

関連記事