2014.12.04

増えたJリーガー。トライアウトの意味にも変化が

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 兼子愼一郎●写真 photo by Kaneko Shinichiro

 12月3日、「2014JPFAトライアウト」の第一回がフクダ電子アリーナ(千葉県)で開催された。

 2002年から始まったこのトライアウトは、選手が契約を目指してアピールする場である。戦力外通告を受けた選手の「敗者復活戦」のようにも位置づけられる。一部の選手はそうした扱いをプライドが許さず、過去には名のある選手が辞退するケースも少なくなかった。ファンは会場には入れず、関係者だけなのも選手の心中を思いやってのことだろう。

 しかし戦いを続けようとすることは何ら恥じることではない。サッカー選手は査定の不可解さで、契約満了の状況に追い込まれる場合もある。例えば今回も、シーズン2000分間出場しながら、契約満了になっている選手も少なくなかった。他にもポジションの重複や年齢、チーム予算など、プロスポーツ界は理不尽な社会の縮図とも言える。それぞれの選手にそれぞれの事情があるはずだった。

説明を受けるトライアウト参加者たち「今シーズンはケガをして出遅れてしまって、治ってまたケガする、みたいな連続で」

 そう語ったのは、J3からJ2に昇格したツェーゲン金沢で、22歳にして主将にも任命されたMF越智亮介だった。契約した代理人と共闘し、塞がれた道を迂回してでも突破するつもりでやって来ていた。