2014.03.21

ブレイクの予感。今季Jで注目すべき3人の「仕事人」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹、藤田真郷●撮影 photo by Sano Miki,Fujita Masato

 3月15日に行なわれたJ1第3節、川崎フロンターレvs大宮アルディージャの試合後の記者会見で、フロンターレの風間八宏監督がこんなことを話していた。

今季は3年ぶりとなるふた桁得点が期待される川崎Fの小林悠。「小林は動きがキレているので、前線に嘉人とふたり(2トップで)並べると、攻撃的に怖い形になる」

 風間監督の言う小林とはFW小林悠(26歳)、嘉人とはFW大久保嘉人のこと。昨季J1得点王の大久保が持つ得点力は言うまでもないが、指揮官が小林の能力もまた高く評価していることがうかがえた。

 開幕戦から2試合連続ゴールを決めていた小林は、このアルディージャ戦でも得点こそなかったものの、大久保の今季初ゴールをアシストしたのをはじめ、多くのチャンスを作り出した。

 ショートパス主体で攻撃を組み立てるフロンターレにあって、DFラインの背後に飛び出す動きを得意とする小林は、チームにダイナミズムをもたらす存在。日本代表における岡崎慎司に例えれば、わかりやすいだろう。

 小林自身は「そんなにキレているということもなく、普通だけど」と、風間監督の評価に苦笑い。それでも「開幕戦から点も取れているので、そう思ってもらえているのではないか」と語り、こう続けた。

「嘉人さんは、下がってゲームも作れるし、ミドルシュートも打てる。自分はできるだけ前線に張って(DFラインの)裏を狙うようにしている」

 心強いパートナーとともに、小林が今季、どれだけゴールを量産するのか楽しみである。

 しかし、そんな期待を抱かせてくれるのは、小林ばかりではない。Jリーグは開幕から3節が終了したばかりだが、早くもブレイクの予感を漂わせる選手が現れている。