2014.02.12

J初の「カルチョ・スタイル」がFC東京を変える

  • 藤原 夕●文 text by Fujiwara Yu
  • photo by Maurizio Borsari/AFLO

 ここまで、即効性のある“マジック”こそ見せていないフィッカデンティ監督だが、チーム作りは着々と進んでいる。そして、彼の志向するサッカーについて、GKの権田修一は「奥深さを感じる」という。

「今は、試合における相手の状況や局面を想定しつつ、自分たちがやるべきことを徹底している段階。シーズン中に何か問題が起きたとしても、自分たちが立ち返るべき場所を築き上げている過程だと思う。そのうえで、日々の練習や試合の中で課題を見つけ、その都度、修正していく。そのアプローチに多彩さを感じる」

 また、ヴァンフォーレ甲府から復帰したMF羽生直剛も権田の言葉に同調して、こう語った。

「(フィッカデンティ監督は)隙のないチーム作りをしている印象がある。このままうまくいけば、簡単には点をとられない、負けないチームになりそうな予感はある」

 フィッカデンティ監督の要求は細かい。しかし、すべては結果を出すため、である。

「最高の結果を得るため、チームに勝者のメンタリティーを植えつける。そのためにも、最終節が終わるまで、外に対しても、チーム内においても、競争力を持ち続けることを約束する」(フィッカデンティ監督)

 Jリーグではかつてなかったサッカー先進国の“スピリッツ”が注入されるFC東京は今季、間違いなく変わるだろう。それが、ピッチ上でどう表現され、結果にどう表れるのか、期待が膨らむ。

関連記事