2013.10.08

対戦相手がこぞって感服。今季の中村俊輔は「ここが違う」

  • text by Sportivacooperation by Mochizuki Fumio,B Creative B,Fujiwara Yu,Maeda Toshikatsu
  • photo by Yamazoe Toshio

 エスパルスのMF村松大輔は、中村の守備力に屈したという。

「(今季は)特に運動量が豊富で守備でもがんばっているような気がします。その意識は昨年以上ではないでしょうか。加えて、競り合いでも強かった。相手選手へのブロックの仕方、体の入れ方がうまくて、自分が(ボールを争って)食らいついていったときも、足でブロックするのがうまくて(ボールを)奪える感じがまったくしなかった。その点に関しては、Jでは別格だと思う」

 また、中村が昨年とは違って見えるのは、「周囲との関係が良くなったから」(ジュビロ・山田)という意見もあった。FC東京のDF徳永悠平はこう語る。

「中村選手は今季、自由に、好きなように動いている印象があります。それができるのも、周りに賢くて、気を使える選手がそろっているから。例えば、中村選手がボールを持ったとき、周囲の選手が瞬時に前線に飛び出してくる。一方で、中村選手もチーム全体でリズムを作ろうとする姿勢が一段と強くなっていると思います。試合中でも、受け手と出し手の関係などを周りの選手に説いて、いろいろなことを要求する声を随分と出していました。そうやって、中村選手を中心に、今年のF・マリノスは『チームのために』という意識が非常に高くて、戦術がかみ合っている。ゆえに、中村選手の“すごさ”が一層光っていて、周りを生かすプレイにも迫力が増しているんだと思います」

 何はともあれ、今季の中村は各チームの選手が最も恐れる存在で、屈指の活躍を見せていることは間違いない。アントラーズの若きボランチ柴崎岳が言う。

「今年の俊輔さんはよりフリーマンというか、いろいろなところにいる感じがして、本当につかみどころがない。1対1の場面でもうまくプレイしていて、自分が対峙したときも、ガーッて(チェックに)行ったら、軽くいなされた。ゴールへ直結するプレイの精度もすごく高くて、今季はどこのチームが優勝しても、MVPは俊輔さんだと思っている」

 今や、Jリーガーで最高の輝きを放っている中村。F・マリノスを王者に導くことになれば、日本代表入りを待望する声がますます大きくなるかもしれない。

関連記事