2013.08.29

セットプレイなしでも強い。「変身」した横浜F・マリノス

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 しかも横浜FMの強さの秘密は、それだけではない。マルキーニョス、中村、齋藤学といったゴール前で決定的な仕事のできる選手がいるのも、横浜FMの大きな強みだ。

 どんなにボールポゼッションに優れ、多くのチャンスを作り出そうとも、それを得点にしてくれる選手がいなければ勝利は近づかない。その点においても、今の横浜FMには穴がないのだ。ペトロヴィッチ監督の「中村俊輔のように、“何もないところから得点できてしまう選手”は我々のチームにはいない」という言葉が、横浜FM攻撃陣の価値の高さを裏づける。

 今節、広島が甲府に敗れたことで、2節ぶりに首位に返り咲いた横浜FM。それでも中村は「こういう試合はいつも続かない」と気を引き締め、「優勝は意識していない」と無欲を強調する。

 だが、試合を重ねるごとに完成度を高めていく様子を見る限り、横浜FMの強さは本物。このまま逃げ切ったとしても何ら不思議ではない。

 ボールポゼッション、ハイプレス、そして決定力。横浜FMは、優勝するに十分すぎるほどの条件を揃えている。

関連記事