2013.03.17

【Jリーグ】
セレッソ・柿谷曜一朗が放つ「ゴールの匂い」を日本代表に。

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 赤木真二●撮影 photo by Akagi Shinji

開幕3連勝と好調セレッソの原動力となっている柿谷曜一朗。

 セレッソ大阪が好調だ。

 2戦2勝同士の対戦となったJリーグ第3節のFC東京戦では、粘り強く接戦を制して1-0の勝利。これで開幕から3連勝である。

 さて、そんな好調のチームを現在、最前線で引っ張っているのが、FW柿谷曜一朗である。

 開幕戦(対アルビレックス新潟)では試合終盤に貴重な決勝ゴール(1-0で勝利)を、第2節(対ヴァンフォーレ甲府)ではチームに勢いをもたらす先制点(2-1で勝利)を決めている。その働きぶりは、まさにエースストライカーだ。

 こうした結果からもわかるように、柿谷の存在感を高めているのは、何よりゴールに対する意識の強さである。

 今の柿谷がボールを持つと、ピッチ上には不思議と「何か起こりそうな雰囲気」が漂う。前を向いてボールを持ったら、積極的に仕掛けてゴールへ向かう姿勢が、そんなことを感じさせるに違いない。

 今季初めてノーゴールに終わった東京戦でも、そうだった。1点リードの試合終盤、セレッソは相手にボールを保持され、苦しい展開を強いられた。柿谷が「正直、東京の選手が高いレベルでポゼッションするのに対し、僕らは(ボールを)取りに行くので必死なところもあった」と振り返る劣勢である。

 そんな試合展開の中、セレッソのレヴィー・クルピ監督が活路を見出そうと、攻撃の可能性を託したのは、柿谷だった。