2012.12.24

【Jリーグ】順当?波乱? 天皇杯ベスト4で強豪が激突

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

ベスト8で唯一のJ2クラブの千葉と対戦した鹿島は手堅く勝ち上がり準決勝進出 順当なのか、波乱なのかは、何を基準にするかで180度見方が変わってしまう。

 12月23日、天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝が行なわれ、ベスト4が出揃った。その顔ぶれは柏、G大阪、横浜F・マリノス、鹿島。今季J1のリーグ戦最終順位で言えば、順に6、17、4、11位である。

 二桁順位のクラブがふたつも残っていることを考えれば、今年の天皇杯は波乱の大会ということになるのかもしれない。J1を制した広島が早々に2回戦で、しかも地域リーグ所属のFC今治に敗れたのをはじめ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を得た上位3クラブがすべてベスト8を前に敗れたことも、その裏付けと言えるだろう。

 とはいえ、そこには不思議なほど波乱の印象がない。むしろ順当な顔ぶれ、と言っていいほどだ。

 実際、昨季2011年のJ1のリーグ戦最終順位で見てみると、同じく柏、G大阪、横浜FM、鹿島の順に1、3、5、6位。優勝した柏を筆頭に、昨年の上位勢がしっかりと勝ち上がってきているのである。おそらく、今季開幕前にこのベスト4の顔ぶれを聞いて、波乱と表現する人は誰ひとりとしていなかっただろう。

 今季J1で17位に終わり、屈辱のJ2降格を味わったG大阪に代表されるように、リーグ戦では力を出し切れなかった強豪クラブが、ようやく本来の勝負強さを発揮してきた。今年の天皇杯は、そんな大会となっているのだ。