2022.08.06

ドイツW杯初戦のオーストラリア戦、チームを離れた田中誠が疑問を感じたジーコ監督の采配

  • 佐藤俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第18回
W杯出場という夢を目前で逃した男の選択~田中誠(3)

(1)はこちら>> (2)はこちら>>

 ドイツW杯初戦のオーストラリア戦、日本は先制したものの、後半に入ると、敵の知将フース・ヒディンクの戦略的な選手交代によって徐々に追い込まれていった。

 ジーコは後半34分にMF小野伸二を投入し、反撃を試みた。

 日本に帰国して同ゲームをテレビで見ていた田中誠は、修正点が違うのではないかと感じていた。

「ジーコさんには、伸二を入れて攻撃的にいって流れを変えようという意図があったと思うんです。でも、その時にすべきことは守備の修正だったと思うんですよ。(後半39分のティム・)ケーヒルの同点ゴールは不運な部分がありましたけど、そのあとはカウンターを受けて中央から攻められていたので、あそこはイナ(稲本潤一)を入れたほうがよかった。

 結局、前がかりになって中盤が薄くなり、防ぐべきところを防がないでいたので、さらに失点を重ねてしまった」

 日本は後半39分に同点ゴールを奪われると、立て続けに失点を重ねて大事な初戦を落としてしまった。

初戦のオーストラリア戦で逆転負けを喫した日本代表。photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT初戦のオーストラリア戦で逆転負けを喫した日本代表。photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT この記事に関連する写真を見る  絶対に負けてはいけない相手に敗れたことで、チーム内は不穏な空気に包まれた。レギュラー組とサブ組の間には見えない壁が生まれ、チームは"ダッチロール"に陥り始めていた。

「自分もそうだったんですけど、30歳にもなると尖っていた面も丸くなって全体が見えてくる。でも、25歳前後の選手は全盛期バリバリで『自分がやるんだ』という気持ちが強い。表には出さなくても、サブに置かれたら『ふざけんなよ』っていう気持ちはあったと思うんですよ。

 実際、紅白戦ではサブ組はレギュラー組を『負かしてやる』という気持ちで激しくプレーしてくるし、レギュラー組は(結果だけでなく)内容も考えながらプレーしないといけないので、負けてしまうこともある。そうなると、サブの選手は『オレらのほうがいいのに、何で使わないんだ』ってなる。