2022.08.05

W杯出場を目前にして田中誠が帰国を即決した理由。「みんなには試合に集中してほしかった」

  • 佐藤俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第18回
W杯出場という夢を目前で逃した男の選択~田中誠(2)

(1)はこちら>>

この記事に関連する写真を見る  2006年ドイツW杯を前にして、日本代表の選手も、日本中のファンも「やれる」という期待に満ち溢れていた。だが、戦い方を巡ってはチーム内でギクシャクしていた。

 その最中、思わぬ"事故"が起こった。

 チームがドイツ入りした時、現地はまるで冬のような寒さだった。それが、大会目前に気温が上昇。選手たちは慎重にコンディション調整をしていた。

"その日"も暑くなったが、田中誠は体温調節のためにウインドブレーカーを着て練習をしていた。そして、体温が上がり、水分もとらずにプレーしていた時だった。左足のヒザ裏の辺りを伸ばした感覚があった。

「あっ『やったな』と思いましたね。ピリピリ感があったので、『これはヤバイな』と」

 田中は練習を途中で切り上げて、すぐに病院に向かった。検査の結果、左足太もも裏の肉離れ。重症ではなかったものの、出血しており、しばらく安静と治療が必要と診断された。

 検査結果はすぐに指揮官のジーコにも伝えられ、田中は監督の部屋に呼ばれた。

「検査結果を聞いた。戦えないならチームとしては戦える選手が必要なので、(誰かと)入れ替える。マコはこのまま(チームに)残ってもいいし、日本に帰ってもいい」

 ジーコは、ストレートにそう言った。

 田中はその"ボール"を投げ返すように、「帰ります」と即答した。

「肉離れは経験したことがあって、(元に)戻るには10日ぐらい必要なんです。それまで(チームに帯同して)粘って練習をしていても、60%前後(の出来)でしかできないし、『やれる』という確信もなかった。自分の意地や目標よりも、『チームに迷惑をかけたくない』っていう気持ちが強かったので、すぐに(チームを離れることを)決めました」