2022.06.02

藤田譲瑠チマは東京五輪代表の練習参加で衝撃。「海外でやっている選手はこんなに要求するの?」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

サッカー日本代表「パリ世代」インタビュー01
藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス/MF)後編

 今季横浜F・マリノスに加入した藤田譲瑠チマは、「パリ世代(2001年以降生まれ)」で構成されるU−21日本代表でも中心的役割を担うことが期待されている。

 2019年U−17ワールドカップに出場するなど、年代別代表での経験豊富な藤田は、U−21代表ではキャプテンを務めることもあり、3月にUAE・ドバイで開かれた国際大会「ドバイカップ」で優勝した際には、カップを頭上に高々と掲げた。

 20歳の藤田は、2年後のパリオリンピック出場について、さらにはその先のキャリアについて、自身の未来をどう描いているのだろうか。

◆藤田譲瑠チマ@前編はこちら>>「スカウトの目に止まったのは、思わぬきっかけから」

   ※   ※   ※   ※   ※

藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)2002年2月16日生まれ藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)2002年2月16日生まれ この記事に関連する写真を見る ---- コロナ禍で海外遠征ができなかったおよそ2年を経て、ドバイカップは久しぶりの国際大会出場でした。

「海外のチームによくある、引いて守って奪ってからカウンターというチームがすごく多くて、環境とか、相手のフィジカル(の強さ)だったりというところも含めて、すごく新鮮というか、懐かしい感じのなかでサッカーができたので、とてもいい経験になりました。

 次のウズベキスタン(6月開催のU−23アジアカップ)もそういうチームがあると思うし、日本と比べて違う環境で試合をやることもあると思うので、そのためのすごくいい準備期間というか、自分たちの心の準備をするうえで、とても大切な時間になったかなと思います」

---- 海外遠征はいつ以来でしたか。

「2019年の(10月にU−17ワールドカップが開かれた)ブラジル以来です」

---- 久しぶりに味わった国際大会ならではの感覚というと?

「審判とのコミュニケーションがとれなかったり、日本と少し違うジャッジだったりというのは、すごく感じました」

---- Jリーグの試合では審判とも言葉が通じるけれど、国際大会だとそうはいかない。