2021.09.22

歴代日本人の「スピードスター」トップ10。野人・岡野雅行が選出、その定義とは?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by Matsuoka Kenzaburo

"速い"選手の活躍が目立っている。日本サッカーではこれまで多くのスピードのある選手が注目されてきたが、本当に速い選手は誰だったのか。今回は元祖スピードスターの岡野雅行氏に、歴代日本人スピードスターのトップ10(※5位は同率で2名、計11人選出)を選んでもらった。

◆ ◆ ◆

現在のスピードスター前田大然を、岡野氏はどう見ている?現在のスピードスター前田大然を、岡野氏はどう見ている? この記事に関連する写真を見る  スピードと言っても、いろんな速さがあると思うんです。走り出しの一瞬の速さだったり、「ついて来られて嫌だな」というDFの速さだったり。だから単純に走るスピードだけでランキングをつけるのは、難しいところがあります。

 また、攻撃側の選手は見ていてもわかりやすいですが、とくに守備側の選手の速さは一見するとわかりづらいので、そこもふまえて解説をできればと思っています。

10位 土屋征夫(元東京ヴェルディほか)

 元浦和レッズのエメルソンが一番嫌がっていた選手が、バウル(土屋選手の愛称)だったと思います。エメ本人も「彼は面倒くさい」と言っていましたね。

 エメは僕も一緒にトレーニングしたことがありますけど、1歩、2歩の速さが驚異的で、彼のあり得ない筋肉のつき方にマッサージをするトレーナーも笑っちゃっていたくらいでした。

 そんなエメが抜ききれなかったのがバウル。ついていけちゃうんですよ。バウルとはヴィッセル神戸で一緒にプレーしましたけど、本当に心強かった。トレーニングで1対1をやりましたが、やっぱりついて来られました。速かったですねぇ。

 横のステップも縦のステップも速くて、20~30mが本当に速い。もし30mの種目があったら、金メダルを獲れるんじゃないかと思うくらいです。僕はそこからターボをかけて速くなるタイプでしたけど、バウルやエメはその一瞬の速さが並ではなかったです。