2021.06.12

サッカー五輪代表「理想の攻撃パターン」が見えた得点シーンを解析!

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
この場面で、吉田からのパスを誰が受けたか?

 東京五輪に出場するU-24日本代表が、初戦の南アフリカ戦を想定し、U-24ガーナ代表と親善試合を行なった。

 オーバーエイジ枠の吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航の3人は、この前に行なわれたA代表とのチャリティマッチで遠藤のみが後半途中から出場。この試合で3人が初めて先発に名を連ね、より本番を想定したメンバーとなった。

 試合開始から主導権を握った日本は、前半16分に久保建英のシュートのこぼれ球から堂安律が先制し、32分に久保が追加点。前半終了間際には酒井のグラウンダーのクロスからの相手のオウンゴールで、日本が3-0とリードして前半を折り返した。

 後半に入っても勢いの衰えない日本は3分に4点目、11分に5点目と早々に試合を決め、終了間際に三笘薫が6点目を決めてゲームを締めくくった。

 ここでは、その4点目をピックアップ。

次の瞬間、日本の誰が吉田からのパスを受けただろうか次の瞬間、日本の誰が吉田からのパスを受けただろうか この記事に関連する写真を見る  吉田がハーフウェーライン付近でボールを持ち、ガーナが寄せに来ないところでルックアップした。次の瞬間、日本の前の選手がどう動き、吉田はどこへパスを出しただろうか?