2021.02.25

坪井慶介が選ぶ日本人センターバックトップ10。歴代1位は?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by Getty Images

過去から現在を含めた日本人サッカー選手で、各ポジションでナンバーワンと言える選手は誰なのか。これを同じトップレベルを経験した目線で、元選手に語ってもらう。今回はセンターバックの分野で、かつて浦和レッズや湘南ベルマーレ、レノファ山口でプレーした坪井慶介さんに、これはという10人を選んでもらった。

◆ ◆ ◆

坪井氏から見て、欧州で活躍する吉田や冨安には「すごい!」の一言坪井氏から見て、欧州で活躍する吉田や冨安には「すごい!」の一言 10位 山口智(元ガンバ大阪ほか)

 ガンバ大阪の黄金期を支えた山口さんは、対戦して本当に嫌なセンターバックでした。宮本恒靖さんとシジクレイと3バックを組むことが多かったと思いますが、3人のなかでは目立たないタイプだったかもしれない。でも僕は、山口さんがいちばん効いているといつも思っていました。

 嫌なところで潰してくるし、そうかと思えばクリーンにボールを奪うこともできる。試合のなかで僕は山口さんのマークについていて、点を取られたこともあります。DFとして対峙して改めて「やっぱりこの人は強いな」と感じましたね。

 それから遠藤保仁やフェルナンジーニョ、二川孝広など、攻撃的なガンバのなかで、チームのバランスをうまく取る山口さんを見て「渋いなぁ」と、いつも参考にしていました。僕にはない足元の技術も持っていたので、嫉妬も含めて10位で(笑)。

9位 吉田麻也(サンプドリア)

 日本人のセンターバックとして、これだけ長く海外のトップレベルでプレーできるのは、ただただ"すごい"の一言に尽きます。攻守にわたるセットプレーの強さやディフェンスラインの統率力、チーム全体でのリーダーシップなど、田中マルクス闘莉王と似ているタイプのDFという印象ですね。

 日本人のセンターバックが海外で長くプレーして成功するのは、コミュニケーションの部分や体格差の面で、僕は難しいと思っていましたが、彼はそれが可能なことを証明してくれました。パイオニアとしても尊敬に値する選手だと思っています。

 もちろん、代表でも100キャップ以上というのは並大抵の数字ではない。監督が代わっても評価されて、選ばれつづけるのは彼の能力の高さを物語っていますね。