2020.06.04

女子サッカー「WEリーグ」創設。
プロ化を選ばないクラブへの影響は甚大

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

女子サッカープロ化の意義(後編)

前編はこちら>>

 日本初となる女子プロサッカーリーグの名称が「WEリーグ(Women Empowerment League)」と発表され、2021年9月の開幕に向けて、着々と準備が進んでいる。参加チーム数は6~10で、当面の間、降格はない予定だ。なでしこリーグからも、多くのチームが新リーグ参入を視野に入れているようで、順調に進めば、WEリーグの知名度は向上していくだろう。

アメリカでは日本以上に、さまざまな世代が女子サッカーを観戦に訪れる そこで気になるのは、アマチュアリーグとしてその歴史を紡いできた「なでしこリーグ」の存在がどうなっていくのかだ。主力選手がWEリーグへ流れることになれば、当然、注目度が下がっていくことが危惧される。

「WEリーグ開幕後4年程度は、なでしこリーグは我慢の時間になるでしょう。そこをしっかりと支えなければ、この改革はうまく進まないと思います」

 そう語るプロリーグ設立準備室の岩上和道氏は、なでしこリーグ理事長でもある。