2020.06.03

「茨の道」が日本に自信をもたらした。
真っ向勝負でW杯出場権獲得

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

サッカー日本代表・心を揺さぶられたベストゲーム
第3回:
1997年11月16日 ワールドカップ・アジア最終予選アジア第3代表決定戦
日本3-2イラン

 見る者の想いを背負い、世界トップクラスを目指して走りつづけてきたサッカー日本代表。その長い戦いのなかで、歴史を大きく動かした名勝負がある。このシリーズでは、各筆者がそれぞれの時代のベストゲームを紹介していく。

 1997年11月16日。マレーシア・ジョホールバルにあるラルキン・スタジアムにおいてフランスW杯アジア予選の第3代表決定戦、日本対イラン戦が行なわれた。

イランを破ってW杯初出場を決め、歓喜に沸く日本代表の選手たち 当時のイランは、FWアリ・ダエイ(ビーレフェルト)、コダダド・アジジ(ケルン)、MFカリム・バゲリ(ビーレフェルト)と、3人がブンデスリーガでプレーしており、右アウトサイドには、フランスW杯後にブンデスリーガのボーフムに移籍するメフディ・マハダビキアがいた。右サイドから崩して、ダエイ、アジジのツートップで勝負。それがイランの攻撃の特徴だった。個の能力とフィジカルの強さを前面に出し、その攻撃力はアジア最高とも言われていた。