2020.01.17

橋岡大樹は言い訳ゼロ。敗因は不利な判定ではなく「僕たちの力不足」

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

カタール戦で先発し3試合連続出場となった橋岡大樹「3試合全部出た者として、不甲斐ない結果に終わってしまったと感じています」

 AFC U-23選手権の最終戦となったカタール戦後、橋岡大樹はそう話した。表情には悔しさが滲んでいる。ただしフィールドプレーヤーで唯一、全3試合にフル出場した選手からは、自然と醸し出されるたくましさが感じられた。

 この大会の数少ない収穫のひとつが、現在20歳のこの守備者の存在にあった。持ち味の運動能力と身体能力がアジアの同世代のなかでも最高のレベルにあること、そして代表でもウイングバック、CB、SBをハイレベルにこなせることをあらためて示した。しかも五輪本番と同じ、中二日のハードスケジュールのなかで。

 これまでの2試合では右のウイングバックを任されていたが、この日は3バックの右に入った。高さと速さを生かして、右の低い位置を防御し、有事の際には鋭いスライディングや体を投げ出すディフェンスで相手を阻止。常に集中を切らさず、ポジショニングにもほぼ狂いはなかったように思える。

「もともとCBをやっていたので、3枚の右はまったく問題ないです。手応えとしては悪くなかった」

 そして前半終盤に田中碧が不可解なレッドカードで退場となると、後半開始から日本は4-2-3とも4-4-1とも表せる陣形を取り、橋岡はライトバックに。ひとり少ない状況で、「難しさはあった」と彼は打ち明けるが、全般的に及第点以上の働きを示せていたと思う。

「もちろんここで、SB、CB、WBができるところを見せられて、五輪(のメンバー入り)という点では、すごく良いアピールになったと思います。でもチームが勝てなかったので、ここに来ていないほかの選手たちにチャンスを与えることになってしまいました。そして僕たちがこういう結果を残してしまったことで、競争はまた激しくなるでしょう。もっと良い結果を残したかった」