2019.11.22

苦戦続きの森保Jで、スペイン人
指導者が高評価した2人のアタッカー

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 中島はベネズエラに確実にダメージを与えていた。古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が後半から入ると、彼とのコンビネーションは良好だった。ペナルティエリア近くでボールを受けると、決定的なパスも送っている。終了間際にも左サイドからクロスを送り、古橋が頭でそらし、永井につながるか……という展開を作った。その後、セットプレーでのキックでもそのクオリティの高さは示している。いくつか決定的な仕事をしていた。

 本来はコンビネーションも使える選手だけに、チームとして戦術的に不具合がなかったら、相手にダメージを与えられるだろう。いかなる名手であっても、チームとして不調の場合は難しくなる。中島にはミスもあったが、ベネズエラにとっては一番嫌な選手だったはずだ」

 



関連記事