2019.11.22

苦戦続きの森保Jで、スペイン人
指導者が高評価した2人のアタッカー

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

「伊東純也(ゲンク)、原口元気(ハノーファー)の両サイドは、コンビネーションを使った攻撃が乏しかった。ただ帰陣は早く、守備ではいいポジションを取って、チームに貢献していた」

 スペイン人指導者のミケル・エチャリ(73歳)は、日本代表のW杯アジア2次予選キルギス戦を総括した際、そう語っている。良し悪しをはっきりとさせながら、その両面を分析できるところが、彼らしい。エチャリのスカウティング能力は高い評価を受けている。ホセバ・エチェベリア、ハビエル・デ・ペドロ、シャビ・アロンソら、スペイン代表となった選手たちにも影響を与えてきた。

「柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)は、中盤でボールをものにできない場面が多かった。そのせいで、チーム全体のバランスが崩れた。ただ、一度はボールを持って攻め上がり、果敢にシュートを放っている」

 エチャリは、各選手のプレーを極端に肯定も否定もしない。

 キルギス戦は0-2で勝利したものの、どう見ても低調な試合だった。攻守の両輪がまるでかみ合っていない。セカンドボールを拾えず、軽率なカウンターも浴びた。しかし、そういう試合でも、エチャリは必ずよかった面も取り上げる。それは長くスカウティングの仕事もしてきたからだという。すべて肯定したり、すべて否定することを、プロフェッショナルとして危険であると承知しているからだ。

 大敗に終わったベネズエラ戦についても、エチャリは細部にこだわった指摘をしている。

ベネズエラの選手に囲まれる中島翔哉「川島永嗣(ストラスブール)は終始、気難しい顔になっていた。いい時の彼の表情ではない」

「室屋成(FC東京)は守りに回った時間帯に苦しんでいた。相手の左サイドバック、ロベルト・ロサレスが高い位置をとったことで守勢に回ってしまった。しかし後半、日本が前から仕掛け、ボールを持てるようになると、右サイドから何度か効果的な攻め上がりを見せた」

「柴崎は技術的にはすばらしい。しかし、戦術的には試合の中で不具合を解消することができず、(失点シーンでは)自陣で攻め上がるところでボールを奪われるというミスを犯してしまった」