2019.06.06

なでしこジャパンの勝算は?
女子W杯における知られざるジンクス

  • 宝田雅樹●文&データ
  • text&date by National Football Teams-Results

 2019年女子ワールドカップ(フランス)が現地6月7日に開幕する。

 男子のW杯にはさまざまなジンクスが存在するが、今大会で8回目を迎える女子W杯にもすでにいろいろなジンクスが生まれている。そこで、ここではまだあまり知られていない女子W杯のジンクスや意外な法則などを、グループ別に紹介していきたい。

前回大会決勝ではアメリカと日本が対戦。5-2でアメリカが勝利した。photo by Getty Images

◆グループA
フランス、韓国、ノルウェー、ナイジェリア

 男子では、2010年W杯で南アフリカがグループリーグで敗退を喫するまで、開催国が18大会連続で決勝トーナメント進出を果たしていた。

 同様に女子も、過去全7大会において、開催国がグループリーグ突破を決めている。その例にならえば、今回も開催国フランスの決勝トーナメント進出は”確実”と言える。

【女子W杯開催国の成績】
1991年=ベスト8(中国)
1995年=ベスト8(スウェーデン)
1999年=優勝(アメリカ)
2003年=3位(アメリカ)
2007年=ベスト8(中国)
2011年=ベスト8(ドイツ)
2015年=ベスト8(カナダ)
※( )内は開催国


◆グループB
ドイツ、中国、スペイン、南アフリカ

 男子の1954年W杯でドイツ(当時西ドイツ)が世界大会に登場して以降、同国が出場したW杯17大会、ユーロ10大会、五輪5大会(東西統一ドイツを含む)、さらにコンフェデレーションズカップ3大会に至るまで、ドイツ(西ドイツ時代を含む)とグループリーグ(2次リーグを含む)で同居したチームの優勝例は一度もない。

 これは、女子の世界大会でも同じ。ドイツが出場したW杯7大会、ユーロ6大会、そして五輪5大会において、グループリーグでドイツと同組となったチームは栄冠を手にすることができていない。俗に言う「ドイツの呪い」である。男子の大会を含めて、64年も続くこのジンクスは、はたして今大会も継続されるのだろうか。