2019.01.19

スペインの目利きがアジア杯の
森保Jに苦言。「バランスが悪い」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Sano Miki

「相手がどこであれ、攻撃動作に入った時、守備の準備を怠らずに戦えるか。それはフットボールの鉄則だ。攻守のバランスを見直すいい機会になっただろう」

 スペインの目利き、ミケル・エチャリ(72)はアジアカップの日本の初戦、トルクメニスタン戦について所見を述べている。

 エチャリは、ヴィッセル神戸を率いるフアン・マヌエル(ファンマ)・リージョの師匠にあたる。そのスカウティング能力の高さは他を圧倒する。指導者に転身したウナイ・エメリ(アーセナル)、シャビ・アロンソ(レアル・マドリードU-14)、ホセバ・エチェベリア(テネリフェ)なども師事してきた。

 そのエチャリは、3-2と辛勝に終わったトルクメニスタン戦をどう評価したのか――。

トルクメニスタン戦で2ゴールを挙げた大迫勇也「森保一監督は、これまでと同じ4-2-3-1の布陣を選択。ボールをつなげ、優勢に試合を始めている。攻撃の意欲は高かった。

 一方、トルクメニスタンは5-4-1という布陣でリトリート、守備を固めてきた。ただ、前線の3人の選手はフィジカルコンディションが高く、速さを備え、カウンター狙いは明らかだった。実際、人海戦術で分厚く守った後、速攻を用いて日本を脅かしている。

 日本は柴崎岳(ヘタフェ)、冨安健洋(シント・トロイデン)のボランチが遠目からシュートを狙う。焦る必要はなかったが、全体が前がかりになってしまった。我先へと敵ゴール前に殺到し、8人もの選手がゴールに近づく場面もあった。これでは攻守のバランスが崩れるのは必然だった。

 中央に人を集めたディフェンスに対し、少々、正直すぎた。攻撃をカットされた後、中盤の中央、ディフェンスラインの裏、脇のスペースは空いていた。そこを有効に使われ、いたずらにピンチを迎えている。