2018.11.17

ベネズエラ戦ドローでほの見えた、
森保ジャパン「2つの不安」

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 濃霧や台風で試合が中止になったケースに出くわしたことはあるが、選手を乗せたバスが渋滞に巻き込まれ、到着が開始時刻に間に合うかどうかが危ぶまれるというのは、これが初の経験だ。

 ウォーミングアップもそこそこに始まることになったベネズエラ戦。観客の多くも同様に渋滞に巻き込まれていたので、スタンドには空席が目立った。試合は、どこか緊張感を欠く緩いムードのなかで滑り出した。

ベネズエラ戦で先制ゴールを決めた酒井宏樹 そんな序盤、チャンスを多くつかんだのはベネズエラだった。前半12分、ゴール前でワンツーを阻止しようとした佐々木翔(サンフレッチェ広島)のクリアが日本ゴール前へ。反応したのは、武藤嘉紀(ニューカッスル)のチームメイトで、今季、彼より多い出場時間を誇るFWサロモン・ロンドンだった。代表初キャップのGKシュミット・ダニエル(ベガルダ仙台)をかわし、日本ゴールにシュートを流し込んだかに見えた。

 日本に幸いしたのは、そのシュートが優しかったこと。右足アウトで放たれたシュートがゴールに入る直前にCBの冨安健洋(シント・トロインデン)が際どく掻き出したのだが、試合前の準備が行き届き、身体が温まっていれば、シュートは決まっていたと思わせる、危険な瞬間だった。

 ピンチは続く。直後の前半13分。中盤で柴崎岳(ヘタフェ)が致命的なパスミスを犯し、ウディネーゼに所属するダルウィン・マチスにボールを運ばれる。柴崎は自らペナルティエリアのライン手前で反則で止め、FKに。柴崎の肩を持つわけではないが、これもアップ不足が災いしているように見えた。