2018.08.27

なでしこ、北朝鮮撃破で手応え。
アジア大会優勝まで駆け上がれ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 インドネシア・パレンバンで行なわれている、アジア大会準々決勝で、なでしこジャパンは強豪北朝鮮と激突。事実上の決勝戦と目されたこの大一番を2-1で制した。

 ようやく出た「なでしこらしい」2発だった。互いのよさを消し合いながら進んだ40分、中島依美(INAC神戸)の右CKはファーサイドへ、田中美南(日テレ・ベレーザ)が頭で折り返したところを岩渕真奈(INAC神戸)が押し込んだ。

今大会も安定したプレーでチームに貢献している長谷川唯 欲しかった先制点は、チームを牽引してきた岩渕が叩き出した。この形は何度も練習してきたもので、今大会、日本はCKの際にショートコーナーやニアサイドのスペースを使うことが多かった。この試合でも1本目の選択はニアで、2本目のCKで選んだファーサイドから先制弾につなげた。ここぞというときにチームを救うセットプレーが実らず、苦しい展開を崩しからのゴールで切り抜けてきたなでしこにとって、やはりセットプレーからのゴールを見出せるのは心強い。

 そして、62分に2点目を決めたのは長谷川唯(日テレ・ベレーザ)。左サイドハーフでありながら、前線や逆サイドに顔を出す豊富な運動量と質の高い動きは、彼女の真骨頂。大会直前に行なわれたアメリカ遠征でもなでしこは3連敗を喫したが、彼女自身の調子は上々だった。今大会でもそれは継続されていたが、ここまでゴールはなかった。

 その判断が光ったのが、2点目だった。ワンタッチパスで自ら前線の菅澤優衣香(浦和レッズレディース)に預けると、菅澤がDFをかわす柔らかいボールで戻す。「ダイレクトで打とうとは思ってなかった」(長谷川)と、完璧なラストパスを、腿(もも)でコントロールしてからゴールネットを揺らした。長谷川と菅澤の技術が融合した豪快なゴールだった。