2018.08.18

問われる底力。なでしこジャパンが
2つ目のアジアタイトル奪取へ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 4年に一度、アジア最大級のスポーツの祭典であるアジア競技大会で、なでしこジャパンはタイとの初戦を迎え、2-0で勝利。4月のAFC女子アジアカップに続いて、2つ目のアジアタイトル奪取へ白星スタートを切った。

高倉監督の采配がピタリとはまり、後半から入った籾木結花がゴールを決めた 完封ではあるが快勝ではなかった。終了のホイッスルが鳴り、勝利を手にしても選手たちの表情は晴れなかった。それもそのはず。22本のシュートを放つも、実を結んだのはわずか2本。ゴールにつながるプレーの精度が問われる試合だった。

 タイは、AFC女子アジアカップ決勝で日本と激闘を演じたオーストラリアを、PK戦にまで追い込んだ成長著しいチームである。その勢いを抑えて日本は、33分に岩渕真奈(INAC神戸)がドリブルから相手をかわしながらミドルシュートを決めて先制。後半には途中出場の籾木結花(日テレ・ベレーザ)のヘッドで追加点を奪った。

 それでも、後半も中盤に差し掛かると、タイにペースを握られる時間帯がちらほら。身体を張った守備で難を逃れたが、悪い流れをなかなか断ち切ることができず、数多くあるチャンスを決めきれない。フラストレーションが溜まる初戦となってしまった。

 この試合、ゴールへの流れを生み出すために、高倉麻子監督が切った2枚のカードがある。56分に投入された菅澤優衣香(浦和レッズレディース)と75分に送り出された籾木だ。この采配が追加点につながったが、2人の心のうちは対照的なものだった。