2018.06.28

スペインの名伯楽が日本を称賛。
「ポーランド戦の好材料は岡崎」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

「まず、西野朗監督に祝辞を送りたい。これだけ短期間で、よく選手のキャラクターが出るチームを準備した。セネガル戦で最も偉大なプレーを見せたのは、長谷部誠と柴崎岳だった。もうひとり名前を挙げるなら、大迫勇也か」

 セネガル戦に2-2で引き分けた日本代表について、ミケル・エチャリはそう言って高い評価を下している。

セネガル戦、有効なパスで中盤を安定させていた柴崎岳 エチャリはジョゼップ・グアルディオラやウナイ・エメリからも高く評価されている、スペインを代表する指導者のひとり。長らく日本代表を見続けており、南アフリカW杯のときには「阿部勇樹のアンカー起用」を推薦し、ブラジルW杯では「日本は攻撃偏重」と警鐘を鳴らすなど、千里眼でも持っているかのように、スカウティングリポートで予測を的中させてきた。

 そして今大会前には、世間では評価が低かった西野ジャパンについて「サプライズになる」と、大胆に予想していた。

「セネガル戦は引き分けが妥当だった、とも言える。しかし、もし勝者がいたとしたら、それは日本だった。失点はどちらもミスが重なったもので、それ以外の出来がよかっただけに悔やまれる」

 エチャリはセネガル戦をどのように読み取ったのか?

「日本は4-2-3-1でスタートしている。コロンビア戦と同じメンバーだ。戦略的には、立ち上がりで高いプレー強度を示し、イニシアチブを取る必要があったはずだが、主導権を握ったのはセネガルだった。