2018.06.27

ブラジルのチッチ監督が日本を評価。
「特に気になったのは乾だ」

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 ブラジル代表を率いるチッチ監督。サッカー大国の重いプレッシャーがのしかかり、多忙を極めるなかでも、ワールドカップの全試合に目を通しているという。どのチームといつ当たってもいいように、万全を期しておくためだ。もちろんそのなかには日本も入っていて、「印象深かった」と言う。ブラジルのラジオ番組に出演したときも、日本の試合のことに触れていた。そこで、優勝候補国の監督に、あらためてその感想を聞いてみた。

「日本の2試合を見たが、90分間よく動き、ゴール前によくボールを運び、見ていて楽しいサッカーだった。私はこれまで何度も日本の試合を見てきたし、対戦したこともあるが、この2戦はピカイチの出来栄えだったろう」

 開口一番、チッチはそう評した。

ブラジル代表チッチ監督が印象深い選手として名前をあげた乾貴士 photo by Fujita Masato「ポジショニング、戦術のセンス、ほぼ完璧なボールタッチ、ミスの少ないパスワーク。どれも見事だ。

 コロンビア戦ではハイレベルな選手がいることも垣間見えた。プレースタイルは現代的で、特に相手がボールを持ったときの戦術は興味深い。全体を通じ選手たちが冷静だったのも印象的だった。

 またセネガル戦では、攻めるたびに異なるストーリー展開を見せていた。特に驚いたのは、0-1、1-2とされて、追い上げようとしていたときほど、より危険なチームになることだった。右から、左から、中央からと、さまざまな方向からゴールを奪おうと選手が上がってくる」