2018.06.14

スペインの名将が、乾&香川に賛辞。
「W杯でもサプライズとなりうる」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 松岡健三郎/アフロ●写真 photo by AFLO

「ここまでの3試合、戦術的には上向きだ。長谷部が戻れば、中盤はより強固になる。乾貴士、原口元気は両サイドで攻撃から守備、守備から攻撃のトランジションのスイッチになれるだろう。そして長友佑都は乾といい呼吸をつかめるのではないか。また、香川はインスピレーションを取り戻したように映る。

 1トップに関しては迷いどころだ。パラグアイ戦では岡崎がいい動きでスペースを作り出していたが、実際にボールに関わるプレーが少なかった。武藤は有効なプレーが多く、強度の高さも見せていた。そして大迫勇也は得点数の少なさ以外は弱点のないFWだ。

 しつこいようだが、日本は攻撃を焦ってバランスを崩さないことである。それさえ忘れなければ、日本は波乱を起こせる。ポテンシャルはある。幸運を祈る」

◆コロンビア参謀のカンビアッソは「謎だらけジャパン」に何を感じたか>>

◆2006年ドイツW杯、中村俊輔が明かす「俺が輝けなかった」理由>>

関連記事