2018.04.06

スペインの目利きが見た、欧州遠征の
代表22名「誰が役に立つのか」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

ミケル・エチャリのウクライナ戦レポートを読む>>

「ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとって、ロシアワールドカップに向けた新しい選手のテストだったはずだ」

 ミケル・エチャリは3月の日本代表ベルギー遠征マリ戦、ウクライナ戦を、そう括(くく)っている。スペインの目利きは、そんな選手たちをどのようにスカウティングし、評価したのか? 

 ホセバ・エチェベリア、シャビ・アロンソら、世界的な選手たちが敬愛する慧眼(けいがん)、エチャリの意見は傾聴に値するはずだ。出場時間が少なかった選手を除いて、日本代表の22選手についてコメントを記した。

【GK】

中村航輔(マリ戦にフル出場)中村航輔
マリ戦の前半、相手アタッカーが抜け出した決定機をファインセーブしている。反射神経と読みのよさがある。ただ、前に出たのにボールに触れないなど、クロスに対する不安が見えた。

川島永嗣(ウクライナ戦にフル出場)川島永嗣
ウクライナ戦後半に決定的なシュートを確実に防ぐなど、ポテンシャルの高さは見せた。しかし中村と同じように、クロスに対して出ていけず、出たときにはボールに触れない場面があった。