2018.04.06

女子大生なでしこ2人の危機感。
W杯で結果を出さねばプロになれない

 ロシアW杯が約2カ月後に迫り、"ハリルジャパン"への注目度が増しているなか、女子の日本代表"なでしこジャパン"も大一番を迎えます。4月6日からヨルダンでFIFA女子ワールドカップ最終予選、サッカーAFC女子アジアカップ2018が開幕します。テレビ朝日では、7日(土)夜10時30分から日本対ベトナムの一戦を独占生中継で放送します!

 8カ国が参加する今大会は、2019年の女子W杯フランス大会のアジア最終予選を兼ねていて、上位5位以内に入れば出場権を獲得することができます。日本は11年のW杯ドイツ大会で優勝、15年のW杯カナダ大会で準優勝していますが、「今回も出場権は確実に取れる」と楽観視はできません。

 2グループに分かれて戦う1次リーグで、日本はオーストラリア、韓国、ベトナムと強敵ばかりのグループBに入りました。そこで2位以上になって準決勝に進めばW杯出場が決まりますが、グループA3位と戦う5位・6位決定戦に回る可能性も十分にあります。

 現時点でのFIFAランキングを見ても、11位の日本は同6位のオーストラリアにアジアトップの座を奪われています。7日の初戦で、同35位のベトナム相手に勝ちを逃すことがあれば、続く2戦目、同16位の韓国戦、3戦目のオーストラリア戦にかかるプレッシャーはかなり大きくなります。

なでしこジャパンの練習で笑顔を見せる清水梨紗(左)と長谷川唯(右)photo by Nakanishi Yusuke/AFLO そんな厳しい戦いを前に、とくに注目している選手が日テレ・ベレーザに所属する清水梨紗選手と長谷川唯選手です。なでしこジャパンでさらなる飛躍が期待される2人は、ともに21歳。日々成長を続けている新世代が、代表にかける思いを語ってくれました。