2018.02.14

田中陽子ほか、元ヤングなでしこが、
代表に返り咲く一歩を踏み出した

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 ボランチというポジションは、なでしこジャパンでもタレント揃いだ。杉田がなでしこジャパンで戦うレベルに上がるには、もう一段階、二段階のステップアップが必要だが、彼女の持つポテンシャルの高さは高倉監督も認める。

 この3人に共通しているのは、自身の課題に対してとても貪欲に取り組みながら、常に目の前の目標として"なでしこジャパン"を現実的に据えているということ。この3人のみならず、まさに"なでしこ予備軍"である意識を強く持った選手たちがこれまでになく多かったことが、今回のプロジェクトをかつてないほど濃密なものにした。

「自分はまだまだ足りないということを感じながら、それでもやってやるというエネルギーを感じました。やってよかったと思います。やっぱり、なでしこリーグを強くしてほしい。ここにいる選手たちがそのカギを握っているんです」と高倉監督。

 種は蒔いた。あとは選手たちがいかなる実をつけるのか。リーグでのパフォーマンス次第では、なでしこジャパンへ引き上げられる選手もいると指揮官は明言している。下剋上を果たす選手が出てくれば、なでしこジャパンに新たな風が吹くことは間違いない。

◆光った柴崎岳、ハマらぬコウチーニョ。2人の違いでバルサが大苦戦に>>

◆なでしこへ這い上がる。異色の27歳コンビがチャレンジ合宿でガツガツ>>

関連記事