2017.09.29

日本が初出場したW杯。帰国した
城彰二を襲った「あの事件」に迫る

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 一挙一動が注目され、日本のエースストライカーになったというプレッシャーは、城の体にさまざまな異変を起こした。食事が喉を通らなくなり、たとえ食べても夜中に突然目が覚めて嘔吐した。結果、それがつらくて、あまり食事を摂らなくなった。

 食が細くなり、元気のない城の異変にチームメイトたちは気づいていた。だが、「なんで食べないんだ」と声をかけてくるような選手はいなかった。まるで腫れ物に触るような扱いで、誰もが城のことを遠巻きに見ているだけだった。

 唯一、キャプテンの井原正巳がそんな城の姿を見かねて、「彰二、カズさんのことや、周囲の視線とか気にするな。おまえはおまえのプレーをすればいいんだよ」と言って、声をかけてくれた。

 このとき、城は痛感したという。それまでは、こうしたさまざまなプレッシャーを、カズがひとりで受け止めてくれていたことを。

「カズさんがずっと、いろいろなプレッシャーの壁になってくれていたんだよね。だから、俺たちにかかるプレッシャーなんて大したことはなかった。でも、カズさんがいなくなって、いきなり自分に全部のしかかってきた。ケガをしているとか、どこか痛いとか、そんなことは絶対に言えないし、『精神的なプレッシャーを感じているんです』とか、泣き言も言えない。

 攻撃も俺が中心になっていたから、責任は重大だし、点を取らないといけないっていうプレッシャーを、チーム内だけじゃなく、メディアやファン、サポーターからもすごく感じた。これって何だ?って思ったね。これが、日本代表のエースとして戦わなければいけない"本物のプレッシャー"なんだなっていうのを初めて実感した」

1998年W杯ではプレッシャーに押し潰されそうになりながら懸命にプレーした。photo by AFLO